アレグラとアレルビの違いを調べてみた

元々アレルギー体質だったのですが、数年前から花粉症デビューしてしまいました。
(元々そうだったのかもしれませんが、検査して判明したのが数年前)

そこで、病院でアレグラを処方してもらっていたのですが、薬局でも買えるようになってからは近くのドラッグストアで購入していました。

花粉症だと診断して下さった先生いわく、アレグラは早め(花粉が飛び始めるころ)に服用を始めた方が良いとのことらしいので今年も年明け早々に買いに行ったところ、薬剤師さんに「今、アレグラと同じ有効成分の商品が出ているからいかがですか?」と言われ、値段の安さに衝撃を受けて思わず購入したのがアレルビです。

買ってみたはいいものの、本当に同じなのか?と思ったのでそれぞれの商品を調べてみることにしました。

アレグラとアレルビ

それぞれの製品はこちらです。

アレグラ (外部サイトリンク)

アレルビ (外部サイトリンク)

アレグラって正式には「アレグラFX」という名前だったんですね。厳密には医療用医薬品と完全に同じものではないとのことですが、何が違うんだろうか。

アレグラとアレルビの違い

上記ホームページそれぞれから添付文書のファイルが見られるので比較してみました。

 アレグラFXアレルビ
種類第2類医薬品第2類医薬品
セルフメディケーション対象
日本薬局方記載名フェキソフェナジン塩酸塩錠フェキソフェナジン塩酸塩錠
対象アレルギー専用鼻炎薬アレルギー性鼻炎用薬
服用回数(15歳以上成人)1回1錠、1日2回1回1錠、1日2回
1日量中の有効成分フェキソフェナジン塩酸塩 120 mgフェキソフェナジン塩酸塩 120 mg
添加物結晶セルロース
部分アルファー化デンプン
クロスカルメロースナトリウム
ステアリン酸マグネシウム
軽質無水ケイ酸
ヒプロメロース
ポピドン
酸化チタン
マクロゴール400
三二酸化鉄
黄色三二酸化鉄
セルロース
部分アルファー化デンプン
ポピドン
デンプングリコール酸ナトリウム
軽質無水ケイ酸
ヒプロメロース
マクロゴール6000
酸化チタン
三二酸化鉄
黄色三二酸化鉄
ステアリン酸マグネシウム

ほぼ同じですね。

飲んでみて感じた事

今年はアレグラではなくアレルビを現時点で2週間服用していますが、昨年までと比べて特に不具合もありません。今年はアレルビを飲み続けようと思います。

私はスギ→ヒノキがアレルゲンで数か月飲む必要があるので、価格が安いと助かります。

セルフメディケーションについて

対象となる医薬品を年間12000円以上購入した場合、確定申告で申請すると所得控除を受けられる制度です。

医療費控除(年間10万円以上)と併用はできないのですが、こちらの特設ページで医療費控除とセルフメディケーション、どちらを利用すればより節税になるかのシミュレーションができます。

シェアする

フォローする