【買ったもの】無印良品の晴雨兼用折りたたみ傘

先日、晴雨兼用の折りたたみ傘が壊れてしまったので新しいものを探していたのですが、なかなか気に入るものが見つからず、当座をしのげれば良いかと無印で購入しました。

使ってみた感想です。

折りたたみ傘のスペック

2018年07月の購入時の商品情報(製品タグより引用)です。

『晴雨兼用ポリエステル 軽量コンパクト折りたたみ傘』

・紫外線遮蔽率が93%の生地を使用
・畳んだ時の全長22.5 cm
・親骨の長さ50 cm
・カンボジア製
・税込み1490 円

買って良かったところ

・軽い!とにかく軽い。全重量155 gです。

・かさばらない。折りたたむと500mL程度のペットボトルサイズなので、小さめのカバンでも携帯しやすい。

・持ち手の部分は小さいですが滑りにくい素材になっていて、意外と持ちやすい。

ちょっと不満(不安)なところ

・生地がかなり薄いので、大雨の場合は防ぎきれない気がします。また、UVは遮ってくれていると思うのですが暑さの軽減感は少な目。

・傘の骨のしなりが良すぎるのか、ちょっとした風ですぐひっくり返ってしまいます(ただし、一度閉じて開くとすぐ元に戻ります)

総合的には買って良かった。

とにかく軽くてかさばらないので、日中は耐えられないほど暑いけど夕方雨が降るかも…という今の季節に携帯するにはピッタリです。

ただ軽さのためだと思うのですが、生地が本当に薄いので耐久性が気になるところ。あと、上にも書きましたが風に弱いです。荒れた天気の時の携帯には向きません。

熱を防ぐ力は完全遮光を謳っている日傘にはもちろん及びませんが、7月半ばに購入してから毎日の通勤時(朝と夕方)に使っています。朝のラッシュ時の電車が本当に混んでいて、傘やカバンがちょっと当たっただけで睨んでくる人も居たりするので、畳んでカバンにすぐ入れられるのが便利です。

シェアする

フォローする